あん摩マッサージ指圧師の国家資格が取得できる専門学校

卒業後の進路

卒業後の進路

精神的なストレスや人間関係などが原因で心身の不調を訴える人が後を絶たない複雑な社会、深刻な高齢化社会を迎える日本において、あん摩マッサージ指圧師の仕事は、あらためて注目されている仕事といえます。
あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得すると、様々な活躍の場が広がります。活躍の場を選べるだけではなく、ライフスタイルに合わせて働き方を組み合わせることや、柔軟に変えていくことができるのも、この資格の大きな魅力です。企業に属するのではなく自分で開業することも、家庭や他の仕事と両立して働くことも、もしくは定年後の生きがいとして学ぶこともできる資格です。

治療院の開業

長生学園の卒業生には、あん摩マッサージ指圧の治療院を自分で開業される方が多くいます。卒業後すぐに出身地に戻って開業される方や、ほかの治療院や病院で経験を積んでから開業される方もいます。どちらにしても治療者として常に技術を磨くことや事業主としてのスキルを身に着けることが大切になりますが、長生学園の卒業生団体である日本長生医学会のサポートを受けることにより、安心して開業することができます。
また、定年がないのがこの仕事の魅力のひとつです。特に長生の技術は、決して力まかせに行うものではないので、小さな身体の女性でも長年続けることのできる技術です。治療歴が30年、40年、70歳代で現役で活躍されている卒業生もたくさんいらっしゃいます。

治療院に勤務

学校を卒業した後、さらに治療現場で臨床力を養いたいという方に最適です。ひとりでも多くの患者の方に接し、様々な症例を経験させていただくことが大切になります。長生学園では卒業生との結びつきも強く、卒業生の開業した治療院に勤務される方も少なくありません。

病院、クリニックに勤務

病院などの医療施設では、医師を中心とした医療チームの一員として勤務することができます。
特に整形外科の分野で、マッサージや運動療法などによるリハビリ業務を行います。医療チームの中で働くことは、医師や他の医療従事者と連携し、医学的知識をより深めていくことができるでしょう。

訪問マッサージ

高齢化社会において、外出に不自由な高齢者のための在宅ケアが推奨されています。その一環として、自宅を訪問しあん摩マッサージ指圧の治療を行うのが訪問マッサージです。一定の条件を満たし医師の同意があれば、健康保険や高齢者医療制度を利用した施術が可能です。訪問マッサージの企業に勤務することも、自分で訪問マッサージ事業を立ち上げることもできます。

福祉施設、介護施設に勤務

近年非常に活躍が期待されている分野です。
あん摩マッサージ指圧師は、介護保険制度のもと、機能訓練指導員として業務を行うことができ、一人以上の設置が義務付けられている介護施設やリハビリテーション施設からの需要が高まっています。

スポーツ分野での活躍

こちらも最近注目されている分野です。スポーツジムなどでの施術や運動指導などのほか、アスリートたちのトレーナーとして活躍することもできます。卒業生の中には、野球球団などのプロスポーツチームや実業団の専属トレーナーとして選手のボディメンテナンスをしている方や、海外のサッカーリーグのトレーナーをしている方もいらっしゃいます。長生の技術は、その対象を人だけにとどまらず、国内外で競走馬の施術をしている先輩もいます。

進学

あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得後、教員養成の学校に進学し、鍼灸師あん摩マッサージ師の教員を目指すことができます。また、大学、大学院に進学し研究等を行う道もあります。

ボランティア

あん摩マッサージ指圧の技術を、仕事としてではなくボランティアとして生かすこともできます。
卒業生のなかには、被災地でのマッサージボランティア、障害者や高齢者、子どもへのマッサージボランティアを行い、地域の人々に貢献している方々もいます。

研修生、弟子入り

長生学園直属の治療院が2つあり、希望者は研修生として学ぶことができます。また、全国にある卒業生の治療院に研修生として弟子入りする制度もあり、長生医学の伝統が綿々と受け継がれています。