あん摩マッサージ指圧師の国家資格が取得できる専門の学校

国家資格 あん摩マッサージ指圧師

国家資格 あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧の施術は免許が必要です。

長生学園を卒業されると、あん摩マッサージ指圧師国家試験の受験資格を取得することができます。
あん摩マッサージ指圧師は「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」(昭和22年法律第217号)に基づき、厚生労働大臣より交付される国家資格のひとつです。

法律では『医師以外の者で、あん摩、マッサージ若しくは指圧、はりまたはきゆうを業として行おうとする者は、それぞれ、あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許又はきゆう師免許を受けなければならない(あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律:昭和22年法律第217号)』と規定されており、資格を取得せずにあん摩マッサージ指圧などの手技を行うことは禁止されています。

「あん摩マッサージ指圧師」の資格取得してできる業務

あん摩マッサージ指圧師は「業務独占」の国家資格です。禁忌症、骨折、脱臼等を除いて、医師の指示なしに施術を行うことができます。自分の生活スタイルに合わせて、様々な働き方ができるのがあん摩マッサージ指圧師の魅力のひとつです。自分の治療院を開業することができることのほか、病院やリハビリ施設への勤務、スポーツや美容、介護の分野など幅広く活躍することができます。
また、医師の同意のもと、健康保険制度を利用した施術を行うことができるのも、国家資格「あん摩マッサージ指圧師」の特徴です。

●手技による施術行為(禁忌疾患を除く)
●施術所(治療院)の開業
●出張(訪問)施術
●施術所(治療院)、福祉施設、病院などへの就職 など

あん摩マッサージ指圧師の仕事とは

自分の手をつかって患者さんの心と身体の不調を改善する仕事である「あん摩マッサージ指圧師」は、精神的なストレスや人間関係などが原因で心身の不調を訴える人が後を絶たない現代において、あらためて注目されている仕事といえます。国家資格には開業権があるため、独立開業することもでき、定年もありません。またいったん社会に出てから学び直す人が多いのもこの分野ならではです。施術の際、患者さんの悩みに耳を傾け、信頼関係を築いていくために、それまでの経験や培ったコミュニケーション力がそのまま生かせます。

医療従事者の国家資格

あん摩マッサージ指圧師は、厚生労働大臣が与える国家資格。医療従事者として医療機関や介護施設に勤務できるほか、医師の同意のもと健康保険制度を適用した施術を行うことができるます。ケアマネージャー、機能訓練指導員への足掛かりにもなります。

独立開業ができる

体ひとつで、いつでもどこでも施術ができるあん摩マッサージ指圧師は、少ない初期投資での開業が可能です。自宅で開業したり、医療や福祉機関と連携して、個人で地域に根付いた訪問マッサージ事業を行う卒業生も多くいます。まさに手に職の仕事です。

人の役に立つ仕事

あん摩マッサージ指圧師は、心と身体のバランスを整える仕事です。西洋と東洋の医学知識、そして身につけた手技によって、多くの患者さんを笑顔にすることができます。また患者さん一人ひとりの喜びは、そのまま治療師としての喜びでもあるのです。

ライフスタイルに合わせられる

働く場所や時間、年齢を選ばないのも特徴の一つです。転職や退職、子育てや介護などによる生活の変化にも、柔軟に働き方を対応させることができます。午前中だけ、週三日といった勤務時間はもちろん、訪問と開業のミックスなど仕事スタイルも自由に考えられます。

定年のない仕事

あん摩マッサージ指圧師に定年はありません。なかには80歳を超えて活躍している人もいます。大切なのは体力よりも、経験や人とのコミュニケーション力です。会社務めの経験や子育て、親の介護など、人生すべての経験が利用に生かれるのです。

スポーツ分野やリハビリ・介護でも活躍

アスリートのケアやトレーナーといったスポーツ分野、美容系マッサージやリハビリ分野で活躍する卒業生が多くいます。また、介護や福祉分野の需要がますます高まる高齢化社会においても、景気に左右されずに活躍できる、就職に強い医療系国家資格です。

あん摩マッサージ指圧師になるまで

取得するには養成校を卒業し、国家試験に合格する必要があります。
本校の入学から取得までの流れは以下の通りです。

国家試験の概要

あん摩マッサージ指圧師の国家試験は、年一回行われます。
長生学園では以下の試験科目をしっかりと学び、万全の準備の下、試験に臨めるようになっています。

医療概論(医学史を除く)
衛生学・公衆衛生学
関係法規
解剖学
生理学
病理学概論
臨床医学総論
臨床医学各論
リハビリテーション医学
東洋医学概論
経路経穴概論
あん摩マッサージ指圧理論
東洋医学臨床論