あん摩マッサージ指圧師の国家資格が取得できる専門学校

長生の誕生

長生の誕生

「霊肉一体の救済」から始まった『長生医学』の誕生と学園創立

長生医学の歴史は、浄土真宗へのひたむきな信仰心を持つ長生上人が、仏教の精神を基盤とした「霊肉一体の救済」の根本教義のもとに、自ら研究・確立した治療法を、『長生療術』と名付けたときから始まります。

長生上人は、心の救いだけでなく、同時に病気に悩む人の身体まで救済することが、真の信仰の道ではないかとの信念で、病気で苦しむ人たちの病状や身体についての調査を開始。長年の資料収集、研究から「人体の中心は背骨にあり、すべての病気が大なり小なり脊椎に兆候として現われている」と考え、ついに「脊椎の転位が病源であり、この転位を矯正することによって根本的に病気を取り除くことができる」と確信しました。

そして、昭和6年12月「脊椎矯正法」が名古屋で産声をあげて以来、全国へ指導・普及に努め、同24年8月、浄土真宗の新派として宗教法人「長生教団」(のちに真宗長生派総本山長生寺)を設立。信仰心を要とする長生医術者のために、修練の場を設けました。さらに、長生医学をもっと多くの人に覚えてもらいたいという願いから学校設立に向けて尽カ。昭和29年に長生上人遷化の後も、志を共にしてきた二代目管長柴田阿やを中心に支援者等とその遺志を継ぎ、ついに同31年、あん摩マッサージ指圧師の養成校として長生学園を設立するに至ったのです。

その後、現理事長の柴田正義が整形外科医の立場から更なる研究を加え、ことに第2頸椎の異常が脳神経や自律神経と密接な関係にあることを臨床医学的に立証し、「長生医学」として確立しました。

現在、長生上人の精神は、長生学園の中で脈々と生き続け、長年にわたる実績から高い評価と信頼を集めて、順調な発展を遂げています。