あん摩マッサージ指圧師の国家資格が取得できる専門の学校

大泉 壮太郎さん

大泉 壮太郎さん

在校生

昼間部 在籍

大学ではなく長生学園を選んだ理由は
誰かを救える治療師になりたいから。

昔から家族ぐるみでお世話になっている先生がいます。長生の技術で人間から競走馬までの整体を手掛けるという素晴らしい方。僕も怪我のケアはもちろん、精神面もサポートしてもらいました。その先生のように人を癒し、人の力になりたいと思うようになりました。

 

僕の高校は付属の大学への進学者が大半でしたが、やりたいことが明確だったので専門を選びました。実習や医学の勉強に取り組む日々はとても充実しています。一番好きな授業は「長生医学」で、園長先生が法話や技術を直接教えてくれるので、ひとつひとつが自分の血となり肉となって身についていくことを実感します。

 

長生学園には学生が自主的に集まって実技の練習をする同好会「研人会」があります。2年次に僕は最年少でそのリーダーをさせていただきました。参加者の学年も年齢もバラバラですが、とにかく意識の高い人ばかりが参加するので引っ張ってもらうことも多く、モチベーションも向上しました。おかげで今までほぼ皆勤!です。

 

勉強はもちろん、趣味も充実させたいので、登校前にはランニング、放課後は筋トレなどをしています。年に数回フルマラソンに出ているのですが、その練習でも、精神力と自信がつくことを実感しています。

 

未経験で飛び込んだ世界でしたが、今はこの学校を選んでよかったと確信しています。
3年生の今は、国家試験に向けて猛勉強中です。晴れて合格したときには、卒業生の治療院で修業をさせていただき、そして、いつかは自分の治療院を開きたいと思います。

在校生の声